健康おやつ

大人も子供のみんな大好きパンケーキ

朝ごはんにリクエストがかかったり
週末のブランチにはパンケーキが定番となっているご家庭も少なくないのではないでしょうか。

 

しかし、ちょっと気になるのが
『小麦粉』の影響。

 

グルテンフリーという言葉を聴くようになってから久しいですが
一体なぜ、小麦粉からフリー(脱する)が
こんなにも騒がれるようになったのでしょうか。

 

ここから先は食べ物自体に「良い・悪い」は一切ないという立ち位置で
ご理解していただければと思います。

まずは、小麦粉を理解しよう!

小麦粉の主成分は炭水化物で、70%以上の割合を占めます。 炭水化物の大部分は、からだのエネルギー源として重要な役割を果たします。 タンパク質小麦粉にはタンパク質が6~13%含まれています。 肉や卵、乳製品とあわせて摂ることで、お互いを補い合う良いタンパク源として役立ちます by wiki

 

小麦粉には人間に必要なタンパク質が含まれていて
昔から日本人は冬には温かいおうどん
夏には冷たいおそうめんと

 

その季節にあった食べ方で
小麦粉をいただいてきたわけです。

 

ですから
日本人にも馴染み深く
かつ、美味しくありがたく食していたわけなんですが

 

ここで、
なぜ今、グルテンフリーが騒がれるまでになったのか?
を紐解いていくと

 

そこには
『小麦粉の質』に答えがあるようです。

 

日本のスーパーで販売されている小麦粉の多くが
アメリカで製造されたものたちで
品種改良・大量の農薬・大量の防腐剤が使用されていますし

 

アメリカの牛肉などと同様に
早く、多く育てるためのお薬が使われ
加工もされています。

 

そのため、私たち人間の体にとって
とても分解・消化しにくいものへと
変化していったしまったのです。

 

お薬漬けのようになってしまった
大量生産された(グルテンを含んだ)小麦粉は
市販の(大量で安く製造されているもの全てとみてok)

 

パン、うどん、そうめん、お麩、パスタ
焼き菓子(クッキー、ドーナツ、ケーキ)
ファーストフードのバンズなどに
使用されています。

 

それらを頻繁に食べていると
消化器の方は分解消化にいっぱいいっぱいになり
どこかの臓器に負担がかかってきます。

 

収穫後にもすぐ大量の農薬(ポストハーベスト)がかけられています。

 

負担がかかった臓器によって症状が変わりますが、例えば… 
小腸と大腸に負担がかかった時はこのような症状が現れやすいです↓

 

小腸に負担(=心臓にも負担)

アレルギーの発症(花粉・鼻炎など)
肌荒れや、湿疹
痰や鼻水が増える
副鼻腔炎など

 

大腸に負担(=脳にも負担)

やる気が起きない
眠い
自閉気味
殻に閉じこもるなど

 

肺や腎臓に負担がかかればまた他の症状が
出てくるわけです。

 

タンパク質は必要な栄養素であるのは確かですが
そこに『質』はどうなの?と問う必要があるのが
悲しい現代の現実です。

 

 

こんなにお菓子の種類必要?
と思うほどスーパーやコンビニにはありますし

 

美味しく感じるように
上手に作られていますから。

 

ですから、今現時点で
アレルギーなどの症状がある方は
内臓をリセットする(血液をきれいにする)という意味で
少しの間小麦粉を控える(グルテンフリー)必要があると考えましょう。

 

 

….前置き長すぎましたが

 

でも、子供も大人もパンケーキ大好き。
家族で楽しくいただきたい!と思いますよね。

 

心配ご無用。簡単にできちゃいます。

小麦粉は
→ 米粉・ハトムギ粉・玄米粉・葛粉・きび粉・しらたま粉
キャロブ粉・コーレン(れんこんの粉)・ヤーコン・ヤンノー(小豆の粉)
これらに代替可能。

※可能なかぎり有機をオススメいたします。

実にたくさんの種類の粉がありますね。

 

小麦粉が悪いわけではないけれど
症状がある=血液の質が下がっているのなら
違う粉へと変え

 

内臓への負担を減らす=血液をきれいにする
ことからはじめていきましょう。

 

次第に、
体の軽さや、今出ている症状が軽くなり
これから始まる花粉シーズンへの対応も
お薬なし、または少量ですむような体へと近づいていきます。

 

昨日は立春。
体も春へと向けて血液の衣替えを。

 

♢日常でつかえる浄化法

♢運命・血液・エネルギー!巡る力を目覚めさせる

体からのメッセージを解読して、改善する方法

♢副作用無し!おクスリはキッチンから

♢毒素・ネガティブが溜まらない自分の在り方・育て方

強運体質の人の特徴

♢元気が一番!自然治癒のチカラを高める

♢講座・セッションの優先ご案内

 

 
など
 
 
一つのことに縛られず健康、美、人生、魂などについてお届けしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 子供の鼻水、お薬なしで治す方法

  2. 流せる女になろう

  3. タイプ別「春」3つのオススメ食材&ドリンク

  4. 子供の命が輝かせるのに大切な盲点

  5. 【残席3】子供のケガ、なぜ食で軽減するの? ママと子供の初めての腸活講…

  6. 負担がかかっているのはどの臓器?