上からの守りが強い人の特徴5

 

上からの守りが強い人の特徴5

について、本当に基本的なキを一つ。

 

 

とにかく「明るい」こと。

存在が軽やか、エネルギーの

一つ一つの粒がニコニコしているイメージの方

周りにいらっしゃいませんか?

 

 

 

…空元気と間違えやすいので注意。

では特徴5にいってみよー。

 

 

——————————————

1:暗闇の中に光を見つけ出すのが得意

——————————————

どんな困難にあっても、

希望・勇気・解決・学び・愛という光を

無意識にみつけています。

 

 

この世は全て陰陽で成り立っているので

どんな暗闇(陰)であっても

必ずそこには光という陽の存在あり。

 

 

現在、世界はダークな陰に包まれ

地球があぶられているかのような状態です。

 

 

今、『あなた自身が光』となって

この暗闇に対する明るい陽となって行動していくとき。

 

 

——————————————

2:目に見えないものの力を無条件に確信している

——————————————

日本人に多い、八百万の神が

全てに宿っていると知っている。

信じている、とちょっと違うので注意。

 

 

 

——————————————

3:気持ちの良い「挨拶・声がけ」を自らする

——————————————

挨拶ってお互いが気持ちがいいですよね。

 

 

一瞬で爽やかな風を起こし笑顔を生みます。

知らない人にいきなり挨拶したら

変な奴と思われるかもしれません。

 

 

ちょっと躊躇してしまうけど

逆の立場だったらどうでしょう?

 

 

言い方さえ気持ち悪くなければw

良い気分になって挨拶を返しますよね。

 

 

——————————————

4:どんなときも明るく話を終えられる

——————————————

会話や商談、講座など話す内容より

終わった後の「余韻」の方が残ることがあります。

 

 

最後が雑だと

あ、結構そっけないのね、と心なく聞こえることも。

 

 

どんなに内容が良かったとしても

本来のその人が現れるのは

別れ際や、ちょっとした隙間だったりします。

 

 

「さよなら」「では」は

終わりではなく次の始まりキラキラ

 

 

——————————————

5:生活に祈り心が流れている

——————————————

私たちは見えない力に

常に守られています。

 

 

その中でも

上の存在にとって

守りやすい人とそうでない人はいます。

 

 

守りやすいのは

距離が近い、こちらを向く(上の人の方を向くということ)

波動が細かく素直。

 

 

守りにくいのは

距離が遠い、そっぽを向いている

波動が荒く頑固。

 

 

上の人の方を向くということは

心をそこへもち、感謝の言葉を届けること。

 

 

 

LINEから、定期的に

浄化にまつわる情報発信中です。

ご登録はこちら↓今なら春の養生、プレゼント付き。

LINE

関連記事

  1. 地球の波動が上がっているとわかったわけ

  2. 守護霊さまの守りが強くなる3つの習慣講座